便秘とは?


便秘の解説

日本人は便秘で悩んでいる人が多いと言います。若年層では、得に女性が多いとされていますが、年齢と共に男女とも増加しています。その多くが慢性的とされます。症状として排便回数が減り、腹部の不快感や残便感、スムーズな排便ができない状態をいいます。慢性便秘には、弛緩性と直腸性、けいれん性があります。弛緩性便秘は、腸の働きが弱くって起きるといいます。便を押し出す力が低下している状態であり、出産後の女性や高齢者などに多いと言われています。直腸性便秘は、直腸まで便が届いているのに便意がなく、腸に便が停滞している状態を言います。習慣的に便意を我慢する機会が多いと引き起こします。けいれん性便秘は、過敏性腸症候群の症状であり、ストレスによって起こり、小さくてコロコロとした硬い便がでます。排便のしくみは、食べた物が小腸で栄養分を消化・吸収し、大腸で水分が吸収され、大腸のぜん動運動により移動しながら便が作られ、体内から排出されます。その経過時間は、約24時間から72時間で排泄されると言います。このように、順調に便となり排泄される事が大切と言えます。しかし、大腸の働きを妨げるような食生活・暴飲暴食・ストレスや病気などが引き起こす要因となるのでしょう。慢性的になると、日常生活にさまざまな影響を与えます。腹痛・腰痛・肌あれ等、軽い症状であっても、放って置かず早めの対処が必要となります。食事療法や運動などで健康的に改善することが望ましいのではないでしょうか。

★PICK UP
・お家で便秘対策ができる、オリゴ糖の通販サイトです ⇒⇒便秘 対策






ページTOPへ